未成年から考えるニキビ跡治療方法とは

美容皮膚科でのメンテナンスニキビ跡治療をスタートする時期は人それぞれですが、その治療を
行っている人の多くが口をそろえて言うのが、「もっと早くから
行っておけば良かった」というようなことです。

これは特に未成年の頃を差して言われることも
多いのですが、ではどうして未成年から
ニキビ跡治療を考えておけばよかったと言われるの
かというと、若い人は新陳代謝が活発に
行われているからというのが最大の理由です。

ニキビ跡治療において根幹をなすのは傷んだ皮膚が新しい皮膚に入れ替わる
ターンオーバー、新陳代謝の部分です。

これはどのような人でも若い時の方が活発に行われていますから、
若いころの方が治療の効果が出やすいということになります。

未成年のニキビ治療

外見的に同じように見える色素沈着であっても、10歳の若々しい女の子と
30歳を超えて皮膚が衰え始めている女性では、やはり結果が出るまでの時間は大きく異なります。

若いころからしっかりと治療をしていけば早く治る、そしてこれは
未成年の時に最もよく言えることです。

特に思春期というのは、周りの目が気になり始める年頃です。
そのため、治療を待てずに自分でニキビを触ったり潰してしまったりと
安易に肌を傷めてしまいがちです。

傷ついた肌には跡が残り、後悔することにもなりかねません。

そのため、ニキビに悩む若い人は、自分で処理しようとせずに
なるべく早い時期から本格的なニキビ跡治療に取り組むことをお勧めします。

ニキビ跡治療って保険で進める事は可能?

思春期に良く出来るニキビですが、完治した後に跡が残ってしまうことが
往々にしてあります。

ニキビ跡はニキビ以上に見た目が悪く、化粧品ではなかなか消えないため
悩みの種になりがちです。
中には真剣にニキビ跡治療を検討する人もいると思いますが、
目的によってはニキビ跡治療には保険が適用されないことをあらかじめ頭に入れておきましょう。

保険の適用範囲

ニキビには本来、尋常性ざ瘡という病名がついています。
そのため、病院で治療を受ける場合には保険が適用されます。

しかし、美容目的でのニキビ治療となると、保険が適用されない場合があります。
その場合、治療費は1回につき3万円から4万円程度かかります。

初診の場合はこれより安い費用で受けられることもありますが、
基本的にはこれぐらいの費用がかかります。

しかも、ニキビ跡の範囲が広い場合はその分費用も上乗せされてしまいます。

その上、治療自体も1回では終わらず、何回も続けて受ける必要があるため、
最低でも数十万円、通常であれば100万円程度の費用がかかると考えて良いでしょう。

また、治療の費用だけでなく時間も相当かかるため、本気でニキビ跡治療を
受けるのであれば、それ相応の覚悟が必要になります。

保険の適用範囲で治療が受けられるか不安な場合は、まずは皮膚科に相談しにいってみると良いでしょう。